リーラ・クオンタム ヒーリング カプセル ネックレス

価格: ¥19,800 (税込)
[ポイント還元 198ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

リーラ・クオンタムブロック

リーラ・クオンタム ヒーリング カプセル ネックレス

リーラ・クオンタム ヒーリングカード

リーラ・クオンタム プロスペリティーカード


●ペンダントサイズ:1.5 x 4.5 cm ●重さ:約30g

リーラ・クオンタム ヒーリング カプセル ネックレス

リーラ・クオンタム・ブロック/ヒーリング カプセル ネックレス

リーラ・クオンタム ヒーリング カプセル ネックレスは、多用途に使用でき
使用者の内外の環境のエネルギーバランスをとるようはたらきかけ
調和に導きます。さらに、集中力を高め、能力発揮をサポートします。
その他、深い休息をとりたいときや、ストレスを感じているとき、
疲労時などの早い回復などにも助けとなるでしょう。

微細な真鍮素材(ブラス)を使用し、最適な周波数伝達と使用感を実現させました。
クオンタムTech独自開発の特殊なヒーリング周波数が転写されています。
ドイツのBesa研究所とIGEF研究所で研究され、そのヒーリング効果が認定されました。
カプセルのネックレス用の紐も付いてきます。取替用ゴムストッパーリング2つ付き。



フィリップ氏

リーラ・クオンタム・ブロック開発者


これからの時代を霊性を向上させ豊かで幸せな人生を送るには「意識の振動数の向上」が不可欠

パワーかフォースか書籍 世界で大変な話題を呼んだデビット・ホーキング博士による「意識の振動数の指標」は、私たち人間の意識レベルに相当する振動数が20から1000までの範囲でそれぞれ紹介されています。
 振動数が1000に近づけば近づくほど、意識が高次の振動数を纏うことになり、より高波動なあり方を示しています。
 現在の意識の振動数のあり方によって、それに見合った現実や自己のあり方が実現されると考えられます。
 このホーキンズ氏の指標に従って、リーラ・クオンタム・ブロックの生成する濃縮されたエネルギー場に触れることによって導かれる振動数の数値は “571”。
 これは「喜び」を超えた領域で次の指標である600の平和との間に相当します。
 その上は700で悟りの領域の初期段階ですから、かなり高い振動数に共振できるということになります。この振動数レベルについて、ホーキング博士は同著で人類の0.4%しか、まだいないと述べています。

リーラ・クオンタム・ブロックのグラフ

QBのエネルギー波動

クオンタムブロックのエネルギー波動を撮影
2種類の結晶写真

リーラ・クオンタム・ブロックのエビデンス例

 専門研究機関や医師ならびに一流の専門家などによる報告に よっても、その有益な働きがエビデンスとして認められています。

メッド博士とオーストリアBESA研究所によって行われた「赤血球の歪みの変化」の試験

 細胞の健康状態および細胞の毒素やストレス源、ウイルス、化学薬品、電磁波などの影響を血液検査を通して調べる暗視野顕微鏡テストを利用したリサーチ試験を行った。最初の検査の後で5分間、実験対象者の手をリーラQブロックの中に入れてもらい、その後再度同じ方の血液を摘出し再び暗視野顕微鏡で調べたところ、検査の前後で歪みのあった赤血球が綺麗な健康状態に戻ったことが確認された。

リーラ・クオンタム・ブロック血球
リーラ・クオンタム・ブロック検証

オーストリアBESA研究所によって行われた各種試験

(1)重金属(水銀、アルミニウム、鉛)による身体への害的影響。
(2)電池起動の腕時計やスマートメーターおよびスマートフォンで使用されている、4G,5G周波数による人体への影響。
(3)「量子のもつれ」による影響力の証明(遠隔でのヒーリングの能力について)
いずれの試験においても、クオンタム・ブロックを使用することで、すべての結果がポジティブな数値をみせました。

関連商品

リーラ・クオンタム・ブロック

¥369,000(税込)

数量:

リーラ・トラベルブロック

¥180,000(税込)

数量:

リーラ・クオンタム ヒーリングカード

¥19,800(税込)

数量:

リーラ・クオンタム プロスペリティーカード

¥19,800(税込)

在庫  ○

数量:

メールマガジンのご登録は
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

変更・解除・お知らせはこちら

波動的しあわせ生活ブログ↓

BLOG 


営業日のご案内
  • 今日
  • 定休日

【営業時間】
平日 10:00~18:00
[土日祝:休み]

iLiRコスメシリーズ

iLiR化粧品

QR

ページトップへ